まるで別人!“七三分け”清原和博氏、覚醒剤には「そういう気持ちにならない」 スポ



 覚せい剤取締法違反で逮捕され昨年5月に懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博氏(49)が、29日発売のスポーツ専門誌『Number』でロングインタビューに応じている。

 清原氏は判決後、昨年末にTBSテレビのインタビューで登場したくらいで、基本的に公の場を避けマスコミの取材も受けていなかった。

 同誌のインタビューでは、「今のところそういう(覚せい剤を使いたい)気持ちにならないというのが正直なところです。薬物とは一日一日が戦いで、戦いは一生続いていく」と語り、戦いの過酷さを認識しつつ、いまのところ再び薬物に手を染めてはいないことを明言している。

 一方、巨人時代には「負けて叩かれるのは自分ですから。(マスコミは)長嶋監督の悪口を書くわけにもいかないでしょうし、松井の悪口を書く人もいないですし。負ければすべて僕のせい、みたいな…」と振り返り、「そういう意味では自分自身、無理してたのかなっていう感じはありますけど」と精神的なストレスを募らせていたことを示唆している。

 同誌では親友の佐々木主浩氏、PL学園高の後輩の立浪和義氏、清原氏の現役時代に親交のあったレンジャーズのダルビッシュ有投手もメッセージを寄せている。

引用:まるで別人!“七三分け”清原和博氏、覚醒剤には「そういう気持ちにならない」 スポーツ誌でインタビュー


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×