東アジア選手権代表に富樫、馬場ら バスケット



 日本バスケットボール協会は31日、東アジア選手権(6月3~7日、長野市ホワイトリング)に出場する男子日本代表12人を発表し、Bリーグのベスト5に選出された富樫勇樹(千葉)比江島慎(三河)田中大貴(A東京)らに加え、大学生で唯一、馬場雄大(筑波大)が名を連ねた。

 2019年ワールドカップ(W杯)、20年東京五輪につながる最初の公式大会で、出場6チームのうち上位5チームがアジア・カップ(8月、レバノン)の出場権を獲得する。1次リーグA組の日本は3日に韓国、4日にマカオと対戦。今夏に来日する元アルゼンチン代表監督のフリオ・ラマス監督に代わって指揮するセルビア出身のルカ・パビチェビッチ監督代行は「コンディションを確認し、現状ベストな12人を選出した。指揮を執る最初で最後の大会なので初優勝に導きたい」とコメントした。

 メンバーは次の通り。

 橋本竜馬、比江島慎(以上三河)富樫勇樹、小野龍猛(以上千葉)竹内譲次、田中大貴(以上A東京)太田敦也(三遠)竹内公輔(栃木)アイラ・ブラウン(SR渋谷)永吉佑也(川崎)張本天傑(名古屋D)馬場雄大(筑波大)

引用:東アジア選手権代表に富樫、馬場ら バスケット


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×