プロ野球 燕5投手、零封リレー 33歳ベテラン近藤、ピンチに連続三振



 ヤクルトは三回、1死三塁から三ゴロで虎の子の1点を奪い、5投手の継投で巨人打線を零封。「しびれたがホッとしている。みんなで守り勝ったというゲーム」と真中監督を喜ばせた。

 中でも好投が光ったのは2番手の近藤だ。六回1死二塁で先発の石川からマウンドを引き継ぐと、長野をスライダー、実松を直球で連続空振り三振に仕留め、ピンチの芽を摘み取った。

 「流れを向こうに渡さない、すばらしい投球だった」と真中監督。「後ろにいい投手がいるし、バックもしっかり守ってくれたので、初回から全力で投げられた」と、今季4勝目の石川も腰を低くして救援陣に賛辞を贈る。

 近藤は昨季途中、オリックスからトレードでヤクルト入り。今季は9日の広島戦で延長十一回からの2イニングを無失点に抑え、チームのサヨナラ勝ちで移籍後初勝利を挙げた。11日の広島戦でも2点リードの六回1死一、二塁で救援してピンチをしのぐなど、今や勝ち試合に欠かせない中継ぎとなっている。

 「150キロや160キロの球をドーンと投げられる投手ではない。きれい、汚いにこだわらずどんな形でも1つずつアウトが取れれば」というスタイルを貫く。日本球界の投手ではただ一人の近鉄出身となった33歳がいぶし銀の投球で存在感を発揮している。(三浦馨)

引用:プロ野球 燕5投手、零封リレー 33歳ベテラン近藤、ピンチに連続三振


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×