プロ野球 ロッテ、早くも自力V消滅 6連敗「意地見せないと」



 負の連鎖を断ち切ることは、この日もできなかった。最下位のロッテは西武に競り負け今季ワーストの6連敗。首位の楽天がこの日勝利したことで、37試合目で早くも自力優勝の可能性が消滅した。「もうちょっとのところまではいったけど…」。伊東監督は何度もため息を漏らした。

 先発のチェンが試合を作れなかった。五回1死から4連打を浴び、3失点。五回を投げきることができずにマウンドを降りた。左腕は「踏ん張ることができなかった。チームに申し訳ない」と肩を落とし、指揮官も「先発が先に点を取られないように我慢してほしい」と手厳しかった。

 チーム打率が1割台と低迷する打線も七回無死一、二塁で7番清田が犠打を失敗し、この回無得点。拙攻で好機を生かすことができなかった。投打の歯車がかみ合わない現状に、伊東監督は「こういう状況でもファンは応援してくれる。意地を見せないといけない」と前を向いた。指揮官の言葉を選手も肝に銘じて戦うしかない。(浅野英介)

引用:プロ野球 ロッテ、早くも自力V消滅 6連敗「意地見せないと」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×