プロ野球 「脱力」岡田4勝 広島、8試合ぶり先発白星



 7失点を喫した前回登板の汚名を返上する力投だった。広島の岡田は、7回を5安打2失点に抑え今季4勝目。「ピンチもあったけど、そこで粘れたのが良かった」。先発投手陣が崩壊状態の広島にとって実に8試合ぶりに先発に白星がついた。

 6日の阪神戦はまさに“悪夢”だった。最大9点をリードしていながら、岡田は六回に4四死球を与えて試合を壊した。この回の途中で降板。チームはその後、記録的な逆転負け。「ピンチで力んでしまった」と悔やんだ。

 その反省を生かすべく「脱力」を心がけた。この日の七回1死一、二塁のピンチでは脇谷、石川を2者連続三振に。要所でみせた冷静な投球で同じ轍(てつ)は踏まなかった。

 ドラフト1位ルーキーとして期待された昨季は4勝止まり。今季はすでに5月で並んだ。「勝ち星はあまり意識していない」と言うが、堂々のチーム勝ち頭だ。連覇を目指すチームで頼もしい存在になりつつある。(浜田慎太郎)

引用:プロ野球 「脱力」岡田4勝 広島、8試合ぶり先発白星


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×