ドルトムント爆発、実行犯の男を拘束 株式相場影響で儲け狙いか



 【ベルリン=宮下日出男】ドイツ西部で香川真司選手らサッカー1部リーグのドルトムントの選手が乗車していたバスを狙った爆発事件で、独連邦検察庁は21日、実行犯とみられるドイツとロシアの二重国籍を持つ男(28)を拘束したと発表した。

 男の名前は「セルゲイ・V」で、独南西部チュービンゲン周辺の出身。ドルトムントの株式に関連する金融商品を購入しており、爆発事件で株式相場に影響を与えて利益を上げようとしていたとみられる。

 事件では当初、過激思想を背景としたテロの可能性も浮上していた。だが、当局が逮捕したイラク人の男(26)はイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」への関与で捜査が続けられているが、爆発事件とは無関係と判明している。

引用:ドルトムント爆発、実行犯の男を拘束 株式相場影響で儲け狙いか


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×