青木功会長がツアー挑戦再び 最年長出場記録更新なるか



国内男子ツアー「中日クラウンズ」(愛知・名古屋GC和合C、27日開幕)に、大会を主管する日本ゴルフツアー機構(JGTO)会長の青木功が出場エントリーしたと、大会公式ページが18日発表した。プレーすれば74歳7カ月27日となり、自身が昨年の同大会で塗り替えたツアー最年長出場記録(73歳7カ月28日)を更新する。

【画像】棄権した昨年、青木功は最終日まで試合の行方を見守った

青木がツアーに出るのは昨年の同大会以来となる。JGTO会長として初めて主管ツアー競技に出場した昨年大会は、故・宮本留吉の73歳21日のツアー史上最年長出場記録を塗り替えたものの、初日の9ホールで右足痛のため途中棄権(出場記録はティオフで成立)した。同大会で青木は、尾崎将司と並ぶ5勝を挙げている。

引用:青木功会長がツアー挑戦再び 最年長出場記録更新なるか


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×