競泳の萩野、フィギュア真央引退に「同じアスリートとして尊敬している」



 競泳の日本選手権(13日開幕、愛知県名古屋市)公式練習が12日、日本ガイシアリーナで行われ、男子400メートル個人メドレーなど5種目に出場する萩野公介(ブリヂストン)らが本番会場で調整した。

 萩野は、10日に引退を発表したフィギュアスケートの浅田真央(中京大)に関するコメントを求められると「競技は違いますが同じアスリートとして尊敬しています」と話し、「すごく小さいときからトップで活躍されている。競技を引退される間際は結果が出なかったとおっしゃっていましたが、(高い)結果を目指し続けてきた姿には本当に感動しました」と敬意を表した。

 自身については、「(今春に大学卒業。ブリヂストンに入社し)社会人としての第一歩となるレースだし、肘の手術以来、日本で初めての大会。出場する5種目で優勝できるように、まずは明日の400メートル個人メドレーを大切に泳いで記録も狙いたい」と、世界水泳(7月14日開幕、ハンガリー・ブダペスト)の代表選考会も兼ねた今大会での活躍を誓った。

引用:競泳の萩野、フィギュア真央引退に「同じアスリートとして尊敬している」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×