J1リーグ 10番対決 横浜M・斎藤輝く 2点演出、磐田・俊輔に恩返し



 13年間を過ごした横浜Mから磐田へ、中村俊の電撃移籍が発表されてから3カ月。2人の10番がリーグ戦の1試合を特別なものにした。特大の輝きを放ったのは、横浜Mで「ずっと背中を見てきた」と中村俊を慕う後継者、斎藤だった。

 前半26分、左サイドでドリブル突破を図る斎藤が中村俊に迫った。相手のマークの甘さを突くと絶妙なクロスで先制点をもたらした。30分過ぎには、ピッチ中央でボールを保持しようとする中村俊に後方から強烈なタックルを見舞い、勝利への執念をのぞかせた。

 決勝点もアシストした小柄なドリブラーは「俊さんと戦うなんて不思議な感覚。でも成長は見せられた」と恩返しを果たせ、満足そうな表情を浮かべた。

 容赦なくブーイングが浴びせられた中村俊も意地を見せた。前半34分、コーナーキックから同点弾をお膳立て。キックの正確さを誰よりも知る横浜Mサポーターのブーイングを止めてみせた。

 「人として成長するとプレーも落ち着くからね」と後継者を褒めた中村俊。それでも「負けたからこその反省の仕方もある」と10月にホームで迎える再戦でのリベンジを誓った。(五十嵐一)

引用:J1リーグ 10番対決 横浜M・斎藤輝く 2点演出、磐田・俊輔に恩返し


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×