ラウール氏が今夏にレアル・マドリー復帰「6月から働くことになる」



元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏が、今夏に古巣レアル・マドリーに復帰することを明らかにしている。

2015年に現役を引退し、その後リーガエスパニョーラの北米大使を務めるなどしてきたラウール氏だが、ついにレアル・マドリー復帰が実現するようだ。ラウールは9日、ペーニャ(クラブ公認のファン組織)・ラモン・メンドーサの結成29年目の会食にフロレンティーノ・ペレス会長、DFぺぺと参加。その場でレアル・マドリー復帰に関して、こう語った。

「6月にはスペインの首都に生活の場を移し、レアル・マドリーで働くことになる。クラブとどういった役割を務めるかを話し合う予定だ。僕の人生のクラブを、どういったところから助けていけるかをね。このクラブの力になれると思うし、これまでの経験を生かせるはずだ」

ラウール氏のレアル・マドリーでの役割だが、まずはフロレンティーノ・ペレス会長の相談役を務めると目されている。

GOAL

引用:ラウール氏が今夏にレアル・マドリー復帰「6月から働くことになる」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×