日本代表鈴木監督率いる東洋大が大勝で1回戦突破=関東大学アイスホッケー選手権



 秩父宮杯第65回関東大学アイスホッケー選手権は9日、ダイドードリンコアイスアリーナで大会2日目の対戦が行われ、トーナメント1回戦に出場した東洋大は立教大を17―1で破った。

 男子日本代表監督と兼任という形で東洋大を率いる鈴木貴人監督は、今年度最初となる試合を振り返り「新チームの公式戦スタートということで、第1ピリオドは少し硬さがあった」としながらも「どんな相手でもハードに走り抜くという意識が浸透してきたと思うので、うちの良さを出せた試合だった」と手応えを得た様子だった。

 10日より世界選手権を控えた男子日本代表に合流するため、鈴木監督は来週の試合から不在になる。それでも、新シーズンスタートにあたり就任以来の目標であるタイトル獲得への自信を問うと「それだけの準備もしていますし、それだけの価値があるチームだと思う」と力強く答えた。東洋大は次戦、不戦勝により勝ち上がった法政大と16日に対戦する。

取材・文:沢田聡子

引用:日本代表鈴木監督率いる東洋大が大勝で1回戦突破=関東大学アイスホッケー選手権


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×