マナローラV、ゴール寸前鼻差差し切る/デイジー賞



<デイジー賞>◇9日=中山◇500万◇芝1800メートル◇3歳牝◇出走11頭

 ハーツクライ産駒のマナローラ(鮫島)がゴール寸前で差し切り勝ちを収めた。勝ちタイムは1分53秒6。

 鼻差で勝利の勝負強さに北村宏騎手は「スタートを出て、先団を見ながら進めた。根気のある馬で、最後まで一生懸命走ってくれました」と評価した。次走は未定。

引用:マナローラV、ゴール寸前鼻差差し切る/デイジー賞


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×