西武菊池6回内川の被弾猛省「やってはいけない」



<西武2-4ソフトバンク>◇7日◇メットライフドーム

 西武菊池雄星投手(25)が6回の被弾を猛省した。

 味方打線が1点差に追い上げた直後に、内川にこの試合2本目のソロ本塁打を献上。フルカウントから内角へのスライダーを左翼席中段に運ばれた。「調子自体悪くありませんでした。ただ、味方の反撃ムードがあった中、4点目を与えてしまったことが一番の反省点。自分としてはいいコース、いい高さに投げたつもりでしたけど、あの展開で本塁打は一番やってはいけない」と唇をかみしめた。

 ソフトバンク戦は、これで通算0勝9敗となり、いまだに白星なし。「点の取られ方が悪かった。まだまだ力不足です」と悔しさを隠せなかった。

引用:西武菊池6回内川の被弾猛省「やってはいけない」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×