DFサバレタ、ウェストハムに移籍か シーズン終了後のマンC退団が濃厚



 ウェストハムがマンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表DFパブロ・サバレタの獲得に動いているようだ。5日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 マンチェスター・Cとの契約が今年6月までとなっているサバレタ。同選手はクラブと新たな契約を結んでいないため、今シーズン終了後の退団が決定的となっていた。2008年の加入以降、サイドバックとして数々の勝利に貢献した同選手だが、9年間過ごしたクラブに別れを告げることとなる。

 今回の報道によると、ウェストハムがサバレタの獲得に動いている模様。右サイドバックの最有力候補に同選手の名前が挙がっているという。クラブは調子の上がらないチームを来シーズンから立て直すため、ベテランDFの存在が不可欠と考えているようだ。

 ウェストハムは現在プレミアリーグ15位に位置し、降格圏との差はわずか6ポイントとなっている。指揮を執るスラヴェン・ビリッチ監督は右サイドバックに複数の選手を起用しているため、サバレタの加入はディフェンスラインに安定をもたらすはずだ。

SOCCER KING

引用:DFサバレタ、ウェストハムに移籍か シーズン終了後のマンC退団が濃厚


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×