マクラーレンF1、自社製エンジン開発の可能性を否定。「ホンダと共にいつかタイトル



 マクラーレンは自身でF1エンジンを作ることは考えていないと、マクラーレン・テクノロジー・グループ エグゼクティブディレクターのザック・ブラウンが語った。マクラーレンはホンダF1のパワーユニットに不満を持ち、メルセデスに対して供給の可能性について打診したと言われている。

【関連写真】深刻な表情でミーティングを行うマクラーレンのフェルナンド・アロンソとザック・ブラウン

 2015年にマクラーレンとホンダのパートナーシップが再開したが、パフォーマンス向上が思うように進んでいない。2017年のプレシーズンテストではトラブルが相次ぎ、ホンダの信頼性とパワーに不満を持つマクラーレンが、今後大きな改善が見られないことを懸念して、かつてのパートナーであるメルセデスへのスイッチを検討、同社に打診したといわれている。

 一方で、マクラーレンがロードカー部門マクラーレン・オートモーティブの協力を得て自社製エンジンを製造するという選択肢も可能であるとの見方もある。しかしブラウンは現時点ではそれを検討してはいないと述べた。

「マクラーレン・オートモーティブはまた別のビジネスユニットだ。共通の株主がいて、彼らと非常に緊密に協力し合っているのは確かだが」とブラウンは語った。

「彼らのエンジンはマクラーレン製エンジンだ。しかしF1チームには別の経済優先事項があり、レースにおけるやり方があるので、そういう会話はかわしていない」

「今後10年のうちに何ができるかについては予想できないが、(現時点では)そういう話し合いはしていない」

「我々はエンジンビルダーではない。レーシングチームであり、カーコンストラクターなのだ」

 ブラウンは、今はホンダとともに今の状況から抜け出すことに集中していると語った。

「ホンダとは非常にオープンに接している。できるだけ早く競争力を高める最善の方法を、彼らと共に探っている。最終的には共に世界タイトルを勝ち取るという究極の目標を達成するためにだ。したがって、我々の関係にはっきりとした緊張が存在したことはない」

「彼らとの会話は、今の状況からどうやって抜け出せばいいかという内容のものばかりだ」

 フェルナンド・アロンソは今季マクラーレン・ホンダのパフォーマンスにはっきりと不満を示し、時に痛烈に批判している。しかしブラウンはそれによって彼との関係が悪化するようなことはないと述べた。

「フェルナンドは強力に戦える状態になることを望んでいる。世界チャンピオン経験者であれば誰であっても、勝てなければ満足しない。だからこそチームもそういうドライバーを欲しがるのだ」

「彼が競争力について何らかの発言をするのは当然のことだ。私は驚かないし、不健全なことだとも思わない」

「我々は皆、今、困難な状況にある。大量のインタビューをこなすなかで、時には少し感情的になってしまい、誤解を生むような発言をすることもある。しかし我々は非常に健全な関係を築いている」 

[オートスポーツweb ]

引用:マクラーレンF1、自社製エンジン開発の可能性を否定。「ホンダと共にいつかタイトルを」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×