仙台DF永戸がプロA契約へ「さらに上を目指して恩返しを」



 ベガルタ仙台は4日、DF永戸勝也(22)がプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。

 法政大から今季加入した永戸は、1日に行われたJ1第5節の川崎フロンターレ戦で、プロA契約変更に必要な公式戦の規定出場時間(450分)に到達。クラブ公式サイトを通じ、「まず、A契約を締結できたことを素直に嬉しく思います。しかし、ここがゴールではなくスタートですので、さらに上を目指し、チームやサポーターのみなさまにプレーで恩返しできる選手になれるよう日々のトレーニングから全力で取り組みます」とコメントしている。

引用:仙台DF永戸がプロA契約へ「さらに上を目指して恩返しを」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×