プロ野球 巨人・亀井、走・打で3タテ貢献



 巨人の高橋監督が“潮目”とふんだ。六回、1点を勝ち越し、なお1死二、三塁。打撃が魅力の7番岡本を下げ、「代打の切り札」亀井を投入。中日の右腕・吉見攻略へ勝負手を打った。

 「(岡本)和真の代わりだったので絶対打たないといけないと思った」と亀井。初球、内角の直球を強振。打球は一塁線を鋭く抜けた。2点適時二塁打となり、34歳はベース上で拳を握った。

 代打での慣れない役回りだが、万全の準備で臨む。「(現役終盤に代打で活躍した)由伸監督の動きを見ているので」。出番までにたっぷりバットを振って汗をかき、心を整えて打席に立つ。だからこそ、体が動く。

 この回三塁まで進んだ亀井。大竹寛のバントが捕手の前に転がると、一度帰塁すると見せつつ、一塁への送球間に本塁を陥れた。高橋監督を「センスを見せてくれた」とうならせる好走塁だった。

 前日の試合でも脇谷、村田が代打で安打。控えが充実し、層の厚さを見せつける開幕3連勝だ。(浜田慎太郎)

引用:プロ野球 巨人・亀井、走・打で3タテ貢献


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×