SBK第3戦アラゴン/レース1:カワサキvsドゥカティは終盤で大波乱が。レースは



 スーパーバイク世界選手権(SBK)第3戦アラゴン(スペイン)は1日、モーターランド・アラゴンで予選スーパーポールとレース1が行われ、レース1はジョナサン・レイ(カワサキ)が優勝した。

【画像】 SBK第3戦アラゴンのレース1を制したジョナサン・レイ/カワサキ・レーシング・チーム

 第3戦アラゴンの予選スーパーポール1(SP1)は、ステファン・ブラドル(ホンダ)とニッキー・ヘイデン(ホンダ)が勝ち残り、スーパーポール2(SP2)に進出した。

 SP2では、レイが1回目のアタックからリーダーボードのトップに立ち、2回目のアタックで軽々と1分49秒台をたたき出す。そして、トム・サイクス(カワサキ)がレイに続いて1分49秒台に突入して2番手につける。

 しかしその直後にチャズ・デイビス(ドゥカティ)が0.031秒という僅差ながら一気にトップ浮上。レイからポールポジションを奪い取った。

 レイは2番手、サイクスは3番手。マルコ・メランドリ(ドゥカティ)も1分49秒台をマークして4番手。ドゥカティのファクトリー2台とカワサキファクトリー2台だけが1分49秒台だった。

 予選のあとにはレース1がスタート。好スタートを切ってホールショットを奪ったのはデイビス。レイ、メランドリ、サイクスと続く。

 オープニングラップからレイとデイビスが順序を入れ替えながら激しい首位争いを開始。これをサイクス、メランドリが追いかける展開。

 レイとデイビスは後続を引き離して一騎打ちの優勝争いに持ちこむ。一方、サイクスとメランドリの表彰台争いにはチャビ・フォレズ(ドゥカティ)が加わり3台での争いとなる。

 しかし5周目にフォレズが転倒。結局は表彰台争いも首位争い同様にドゥカティファクトリーとカワサキファクトリーの一騎打ちに。

 何度もデイビスにアタックするレイだが2周目以降はなかなか前に出るチャンスがない。

 7周目、ついにレイがデイビスの前に出る。しかしデイビスは8周目の1コーナーで首位奪回。再びレイはデイビスの背後で周回を始める。

 残り3周。レイがまたもや前に出る。デイビスがレイに猛アタックをかけ残り、残り2周でレイの前に出る。

 トップの座を守ったままラストラップに入ろうとしたデイビス。しかし、いきなり転倒という大波乱に見舞われる。

 がっくりと肩を落としたデイビス。これでレイが楽々独走優勝。メランドリが2位、サイクス3位表彰台で決着した。

 また同日に行なわれたスーパースポーツ世界選手権(WSS)の予選は、パトリック・ジェイコブセン(MVアグスタ)がポールポジションを獲得。大久保光(ホンダ)は8番手。渡辺一樹(カワサキ)は19番手で予選を終えた。

 以下SBKレース1の順位結果。

■SBK第3戦アラゴン レース1順位結果
Pos./No./Rider/Team/Machine/Time/Gap
1/1/J.レイ/カワサキ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/33’24.302
2/33/M.メランドリ/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(Ducati 1199 Panigale R)/4.058
3/66/T.サイクス/カワサキ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/7.512
4/22/A.ロウズ/パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム(Yamaha YZF R1)/9.962
5/60/M.ファン・デル・マーク/パタ・ヤマハ・オフィシャルWSBKチーム(Yamaha YZF R1)/12.302
6/81/J.トーレス/アルシアBMWレーシングチーム(BMW S1000 RR)/18.995
7/36/L.メルカド/IODAレーシング(Aprilia RSV4 RF)/21.545
8/50/E.ラバティ/ミルウォーキー・アプリリア(Aprilia RSV4 RF)/27.309
9/6/S.ブラドル/レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム(Honda CBR1000RR)/27.488
10/69/N.ヘイデン/レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイクチーム(Honda CBR1000RR)/27.663
11/2/L.キャミア/MVアスグタ・レパルト・コルセ(MV agusuta 1000 F4)/35.409
12/21/M.ライターバーガー/アルシアBMWレーシングチーム(BMW S1000 RR)/41.558
13/3/J.サイモン/ミルウォーキー・アプリリア(Aprilia RSV4 RF)/44.006
14/88/R.クルメナヒャー/カワサキ・プッシェティ・レーシング(Kawasaki ZX-10R)/44.482
15/15/A.デ・アンジェリス/ペデルチーニ・レーシング・SC-プロジェクト(Kawasaki ZX-10R)/45.915
16/84/R.ルッソ/グアンダリニ・レーシング(Yamaha YZF R1)/1’23.533
-/7/C.デイビス/Aruba.it レーシング-ドゥカティ(Ducati 1199 Panigale R)/2 Laps(リタイア)
-/12/X.フォレズ/バーニーレーシングチーム(Ducati Panigale R)/4 Laps(リタイア)
-/40/R.ラモス/チームカワサキ・ゴー・イレブン(Kawasaki ZX-10R)/14 Laps(リタイア)
-/86/A.バドビーニ/グリッリーニ・レーシング・チーム(Kawasaki ZX-10R)/0 Lap(1周できず)

[オートスポーツweb ]

引用:SBK第3戦アラゴン/レース1:カワサキvsドゥカティは終盤で大波乱が。レースはレイが優勝


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×