平昌五輪ジャンプ台がサッカー場の奇抜な企画がコケた 悪臭に泥んこピッチ、選手もサ



 平昌五輪のジャンプ会場、アルペンシアスキージャンプ場を本拠地とするサッカー・Kリーグクラシック(1部)の江原FCが3月11日に初めてホームグラウンドで公式戦を行った。五輪後の施設活用で五輪組織委員会が頭を抱えている中、数少ない活用例で、サッカー場として「世界初デビュー」(SBSテレビ)と持ち上げられた。ところが、選手や観客からは泥んこのピッチ、漂う堆肥臭、最悪なサービスなどのお粗末ぶりに「ここはサッカー場じゃない」と怒りがぶちまけられた。クラブは反省文を提出したが、韓国メディアは奇抜なアイデアの話題先行であり、競技場の適切な管理ができていないと厳しい批判が治らない。

 実施前まで「新概念の運動施設」と評価されたアルペンシア・ジャンプ台を活用したサッカー場。昨季の平均観客数1057人の江原FCにとって、2017年シーズンからホームとしてジャンプ場を活用した初の本拠地試合のうえ、4年ぶりの1部昇格も手伝って5倍近い5098人が来場した。

 ところが、中央日報によると、観客は競技場から2キロも離れた駐車場に車を止めると、泥道を上下動しながらやっとの思いでスタジアムに到着。すると、今度は座席工事が完了していないために背もたれのないプラスチック製のイスに座らされ、芝生育成のために散布された肥料による悪臭に悩まされた。しかも、トイレも売店もないときた。江原FCの公式フェイスブックには「プロチームのレベルにふさわしくない」などとサポーターの激怒の声が相次いだ。

 不満は観客だけではなかった。2月16日までジャンプ競技に使われた約1万トンの雪を全職員で急ピッチで除去したが、「時間が足りなかった」ことでピッチは泥だらけ。芝はでこぼこで、つまずいて転倒する選手が続出する始末。対戦したFCソウルの選手からは「これはサッカー場ではない。信じられない」と不満の言葉を口にしたと朝鮮日報は報じた。

 江原は今季、100億ウォン(約10億円)以上を注ぎ込んで韓国代表経験者ら14選手を獲得。クラブはホーム開幕戦前に「Aマッチ(代表戦)に劣らない大きなゲーム」とぶち上げ、一番安い席で3万ウォン(約3000円)の価格を設定した。ちなみにFCソウルのVIP席と同じ値段である。「球団の派手なマーケティングにだまされた気分」と書き込んだサポーターもいたという。

 試合は、FCソウルが後半32分に先制点を挙げ、1-0でそのまま押し切った。江原にとってはまさに踏んだり蹴ったり。

 平昌五輪では新設される6競技場を含む12会場で競技が実施される。ジャンプ競技は2009年に600億ウォン(約60億円)を掛けて建設されていた。つまり既存の施設。ただ、標高700メートルの山頂部分にあるため強風が吹き付け、09年に初めて開催された国際大会では米国選手が突風にバランスを崩して墜落した経緯があるとKBSが報じていた。

 国際スキー連盟(FIS)は、秒速3メートルというの制限値を超える状況に「国際大会が不可能なほどの深刻な欠陥」と指摘した。風の影響を最小限にとどめるため、地元自治体・江原道は60億ウォン(約6億円)を追加拠出する形で、新たにジャンプ台の周囲に長さ270メートル、4600平方メートルの暴風幕を設置しなければならなかった。

 最近の五輪は競技開催だけでなく、閉幕後の事後活用も十分に見据えて計画を立てなければ成功したとはいえない。平昌五輪の場合、罷免された朴槿恵前大統領の親友、崔順実被告の国政介入事件に絡む負なイメージのために、事後活用の管理を引き受ける企業が出てこないと朝鮮日報は伝える。文化体育観光部の関係者は事後活用の議論を完成させなければならない時期だが、「崔順実事件のために会議もできない実情。まだ多くの時間が必要」とお手上げ状態のようだ。

 江原FCの本拠地として活用されるジャンプ場は優等生のはずだったが、今回の杜撰な状況では今後が危ぶまれる。クラブ側は殺到する非難に公式ホームページに謝罪文を掲載。次節以降の補完と修正を誓う。

 しかし、朝鮮日報は懐疑的だ。サッカー場として建てられていない場所をサッカー場に変身させ、イベント性を強調したことは明らかに奇抜なアイデアと評価しながらも、試合当日になっての不手際はプロチームとして競技場の管理を適切にできなかったと判断せざるを得ないと手厳しい。何をやってもうまくいかない今の韓国の状況を象徴しているようだ。

引用:平昌五輪ジャンプ台がサッカー場の奇抜な企画がコケた 悪臭に泥んこピッチ、選手もサポーターも激怒


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×