上半身強化実る ハム大谷“野手専念”で打撃タイトル独占も



 4月1日の西武と日本ハムの第2戦、日本ハムは3ー1で今季初勝利を飾り、大谷翔平(22)は4打数3安打の猛打賞を記録した。

 大谷は、31日の開幕戦で母校・花巻東(岩手)の先輩でもある西武の菊池雄星に2安打を浴びせている。三回に右翼線二塁打を放つと、六回にも右翼へライナー性の安打を放った。ともに内角ストレートを攻略。長い腕をうまくたたんだコンパクトなスイングだった。

 昨年はキャンプから投手の調整が主で、野手としての練習はほとんどしていない。それでも野手で計104試合に出場して、打率.322、22本塁打、67打点をマークした。

「大谷は打つことにかけては天才的。打撃練習なんかしなくても、アタマの中であれこれ考えることで結果を出せる。バッティングに関してはとにかくよく考えているそうで、『投手としてもそれくらい考えたらいま以上のものすごいピッチャーになれるのに……』という声が首脳陣の間からも上がっていると聞きました」とは、ある日本ハムOBだ。

■オープン戦4本塁打は偶然にあらず

 それが今年は右足首を痛めたことで、キャンプから野手に専念。キャンプ中は思うように走れない分、室内練習場で嫌というほど素振りやティー打撃を繰り返した。

「例年以上に振り込んだだけじゃありません。下半身に負荷がかかるのを制限されたため、自主トレ期間中からウエートトレーニングは目いっぱいやっていた。上半身なんて筋肉でパンパンだそうですから。かなりパワーアップしたのは間違いありません」(同)

 オープン戦の9戦4本塁打は、決して偶然ではないというのだ。

 大谷はいまだ、右足首に痛みが残っているらしく、試合での全力疾走も制限されている。下半身に不安を抱えたままピッチングをすれば、上体に頼って肩肘の故障につながる。本格的な投球練習のメドすら立っていないのが現状だが、このまま野手に専念するようなら昨年以上の数字を残すどころか、タイトル独占までありそうだ。

引用:上半身強化実る ハム大谷“野手専念”で打撃タイトル独占も


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×