侍ジャパンの則本、三回に逆転2ラン浴びる



 侍ジャパン壮行試合(日本-台湾選抜、28日、ヤフオクD)日本は1-1の二回、勝ち越した。先頭の7番・松田が左翼へ二塁打。続く大野の投前犠打で一死三塁にすると、秋山の二塁適時内野安打で2-1と勝ち越した。しかし、先発・則本がピリッとしない。三回、王柏融に中越え逆転2ランを浴びた。

 則本は一回も、先頭から連打で一、三塁のピンチを招いた。続く王柏融は、右翼・平田のスライディングキャッチもあり左犠飛。飛び出した一走は戻れず、ダブルプレーとなったが、二死から連打で一、二塁とされるなどこの回だけで4安打を浴び、不安な立ち上がりだった。

 打線は1点を追う一回二死二塁から、4番・筒香の適時二塁打で1-1の同点に追いついた。二死二塁の好機に1ボールからの外角真っすぐを左翼へ打ち返す適時二塁打を放ち、4番の意地を見せた。

引用:侍ジャパンの則本、三回に逆転2ラン浴びる


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×