遠い1勝目…横峯さくらはなぜ米国ツアーにしがみつく?



【ISPSハンダ豪州女子オープン 初日】

 横峯さくら(31)の米ツアー3年目がスタートした。アウト発進の初日は2番1.5メートル、3番2.5メートルの連続バーディーと好調な滑り出しを見せたが、その後は2バーディー、3ボギーとスコアを落として1アンダー41位タイと出遅れた。

「スコアはもっと伸ばせたかなと思います。今年の目標は日米の優勝を目指して頑張りたいと思っていた。そういう気持ちでプレーした」(横峯)

 横峯は日本で23勝を挙げて賞金女王タイトル(2009年)も手にしている。しかし米ツアーでは1勝目が遠い。さらに日本女子ツアー101試合連続予選通過記録を持ちながら、昨季は30試合に出場して9度も予選落ち。最高成績はポートランドクラシック10位と優勝争いに絡めず、賞金ランクはシード権(80位まで)にやっとの71位だった。

 なぜ勝てない米ツアーにしがみついているのか? 米ツアー参戦の女子プロに帯同した経験を持つ小野寺誠プロがこう解説する。

「米ツアー1勝まで日本に戻らない強い意志を持っているのでしょう。それに日本のメディアと違って成績が悪ければ追いかけられることがありません。調子を落としているときに騒がれず、周りに心配をかけることもなく居心地がいい。なによりトッププロたちの技術、メンタル、フィジカルのトータルバランスの高さを間近で見て楽しいはず。米国ではコースが選手を育てるといわれているが、日本ではそんな経験ができない。もっと強くなりたい欲があるのなら、米ツアーでとことん戦いたいと思うのは当たり前でしょう。それに横峯の場合、獲得賞金が少なくてもスポンサーが多く転戦費用に心配がない。じっくり腰を落ち着けることができるわけです」

 当分の間、日本ツアー復帰はありえないようだ。

 日本勢は畑岡奈紗が1オーバー81位タイ、野村敏京が2オーバー99位タイ、松森彩夏が3オーバー111位タイ、上原彩子は4オーバー122位タイだった。首位は8アンダーの地元K・カーク。

引用:遠い1勝目…横峯さくらはなぜ米国ツアーにしがみつく?


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×