ダミーは時代遅れ ラミ監督「開幕・石田」早々指名の効果



「開幕投手に向けてアピールしたい」

 この時期、投手陣は揃ってこんな言葉を口にする。しかし、DeNAのブルペンは様子が違う。すでに石田健大(23)が開幕投手に指名されているからだ。

 ラミレス監督が石田に告げたのは1月9日。12球団3番目の早さで、昨季に至っては、仕事始めの1月4日に山口俊(29=現巨人)を指名している。

 2日、初ブルペンで52球を投じた石田についてラミレス監督は「自分をコントロールしながら投げている」と話し、こう続けた。

「もし彼を開幕投手に指名していなかったら100球以上投げていたでしょう。でも、われわれはキャンプ前に話し合っている。『(キャンプの)ブルペンで150球投げたピッチャーをエースに』という監督もいるけど、僕はそのスタイルではない」

 つまり、「球数の多さ=開幕投手へのアピール」という構図はナンセンスということ。これまで、開幕投手をギリギリまで明かさない球団も少なくなく、3~4人の候補を軸に「ダミー」として同じ内容の練習や調整をさせるのが通例だったが、「ダミー」にされた投手たちの負担は少なくない。

 早々に指名するメリットを木塚コーチは「事前に知らせてくれるのは、やりやすいと思う。投げない選手がダミーをやらなくていいのは楽だし、本人も自分のペースでできる」という。

■エースの自覚も

 石田本人も「自分のペースで調整できて楽な気持ちでいける。周りの目もあるので、空回りしないように気をつけながら、積極的に声を出して引っ張っていく雰囲気にしています。去年のキャンプでは、北谷のアメリカンビレッジにゴウさん(筒香)と食事に行って野球の話もたくさんしました。そこで『投手のリズムでバッターの調子も変わる。テンポの良さが大事』という話をされて、流れが重要なんだと心がけるようになった」とエースとしての自覚も芽生えた。

 昨年開幕投手に指名された山口は右足首の負傷で辞退し、井納翔一(30)が代役を知らされたのは開幕のわずか2日前だった。その井納は昨年を振り返り、「僕はしょせん代役なんで……(笑い)。気楽に自分の好きなことはできていたけど、もちろん開幕に向けた準備はしていなかった」という。故障や不調などの不測の事態を除けば、開幕投手指名は早いに越したことはなさそうだ。

引用:ダミーは時代遅れ ラミ監督「開幕・石田」早々指名の効果


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×