MotoGP:ビニャーレス「ユーズドタイヤでの2位に満足」/ヤマハ勢セパンテスト



 マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで開催されているオフィシャルテストは2日目を終え、モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレス、バレンティーノ・ロッシがテストを振り返った。

【画像】バレンティーノ・ロッシ

■マーベリック・ビニャーレス/モビスター・ヤマハ・MotoGP(1分59秒858/2位)
「今日のテストはレースペースがよかったことと、最終的にレースタイヤでベストラップを記録できたことがうれしい。コンスタントにラップできるようにトライし、タイムはかなり速かった」

「驚いたのはバイクの調子がよかったこと。グリップが上がるにつれて、コースインの度に改善できた。ユーズドタイヤで走ることに集中しているから、2位というポジションには満足している」

「1ラップに集中して速く走ることもいいけど、20周連続で速くなければならない。いい仕事ができ、いいスタートを切ることができたと思う」

「明日、タイムアタックするかどうかは分からない。それは天候とコースコンディション次第だ。常にリストのトップに自分の名前があるのはいいことだが、ときにレースに向けて仕事をすることが有益なんだ」

■バレンティーノ・ロッシ/モビスター・ヤマハ・MotoGP(2分00秒254/4位)
「今日は100パーセントの状態だった。昨夜寝るときはまだ頭痛がしていた。でも、今日起きたときは気分が良かった。だから今日はいい仕事ができたし、最終的にいい一日となった」

「午前中は路面状況が回復するまで多くの時間、待機を強いられたが、午後は50周以上も走行することができた。いくつか重要なテストをこなして、多かれ少なかれ、全てがポジティブだった」

「ペースはよかったし、最後にはタイムアタックして4位で終えることができた。トップ5内にいるからOKだよ。仕様の異なるフレームを試したが、とてもよく、好みだ。まだ決定はしていないけど、ファーストインプレッションはポジティブだった」

[オートスポーツweb ]

引用:MotoGP:ビニャーレス「ユーズドタイヤでの2位に満足」/ヤマハ勢セパンテスト2日目コメント


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×