サウサンプトン、FWガッビアディーニ獲得に黄信号…ナポリ会長が突然移籍をストップ



サウサンプトンへ加入が決定的と見られていたナポリのFWマノロ・ガッビアディーニの移籍交渉が突然、頓挫した。イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。

両クラブの間では、ガッビアディーニの移籍について既に合意に至っており、移籍金は1700万ユーロとボーナスの300万ユーロが予定されていた。ガッビアディーニは30日にも契約締結へ向けてイギリスへ出発するはずだった。

ところが29日に行われたナポリ対パレルモ戦が1-1の引き分けに終わったことに、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が腹を立て、突然移籍をストップさせたとみられる。

しかし、サウサンプトンへの加入が完全に消滅したわけではない。移籍期間終了まで、今後の動向が注目されるところだ。

引用:サウサンプトン、FWガッビアディーニ獲得に黄信号…ナポリ会長が突然移籍をストップ


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×