続・二刀流候補に挙がった日本ハム・上原の思いは…



 【球界ここだけの話】

 今月14日の朝。ネットニュースを見た日本ハム・上原健太投手(22)は驚いた。「続・二刀流に上原、白村」の見出しが、Yahoo! ニュースにまで躍っていたからだ。

 「そりゃあ、びっくりしましたよ。えっ、僕がって感じです。まだ、ピッチャーとしても結果を出してないから、いいものなのか、どうかも分からなくて…」

 米ハワイでの優勝旅行中に栗山監督が「ほかの選手の二刀流も、冗談ではない。勝手な妄想だけど、白村と上原。身体能力が高いし、投手としてもいいものがある」と二刀流構想を明かしたものだった。日本に残り、自主トレを続けていた上原にとっては初耳だった。

 昨秋のドラフト1位で明大から入団した1メートル90の大型左腕は1軍でわずか1試合の登板に終わった。2月。大谷らとに米アリゾナ州での1軍キャンプに抜擢(ばってき)された。だが、帰国後に沖縄での紅白戦に登板して、打者11人にわずか1アウトしか取れず、8失点で降板。調子を崩して試行錯誤のまま、ルーキーイヤーを終えた。

 「大学3年ぐらいまでは、自分に自信があったけど、だんだんフォームがしっくりこなくなって。でも、今はそのときの感覚が戻ってきた。フォームも安定してきたので、このまま継続してやっていきたい」

 明大時代は150キロ超の速球を投げ込む大型左腕として各球団から1位候補に挙げられていた。日本ハムでも即戦力として期待されながら、1年目は不完全燃焼で終わった。だが、プロでのトレーニングで着実に体はレベルアップしていた。体重は2キロアップの87キロ。「僕の身長なら、もっと増やしてもいいと思う。しっかりとトレーニングはしているので、ボールにも力が乗るようになる」と実感している。

 栗山監督が言うように、恵まれた体も運動能力もチームではトップクラス。50メートル走は5秒7。ひそかに打撃も自信を持っている。「(広陵)高校のときはピッチャーは打撃練習もなかったんです。それが東京六大学はDHもないから、明治では毎日、フリー打撃があって。打つのが楽しくて、本気でやっていました」と語る。

 だが、上原の思いは投手での成功。「来年こそは、という気持ち。このまま練習を続けていけば、大学時代よりもすべての面で上回る投球ができると思う」と勝負の2017年に懸けている。

 武田勝が現役を引退、吉川光夫はトレードで巨人に移籍し、先発左腕が手薄な日本ハムで活躍の場所はあるはず。その才能が花開く日は近いかもしれない。(桜木理)

引用:続・二刀流候補に挙がった日本ハム・上原の思いは…


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×