FA陽岱鋼モテモテの背景 プロ野球は台湾選手だらけに?



 台湾市場がアツい。

 国内FAを宣言して日本ハム退団が濃厚となっている陽岱鋼(29)。楽天とオリックスが早くから調査に乗りだしていたが、「台湾ビジネス」に力を入れる巨人も触手を伸ばしているといわれている。

 この「台湾ビジネス」は各球団が注目するキラーコンテンツ。楽天の星野仙一球団副会長(69)は27日放送のスポーツ番組で、球団の補強について聞かれると「陽は楽天としては欲しいんですよ。本社が台湾とものすごく商売していますし、仙台空港は直通(便)が台湾と行き来している。(陽は)台湾のスーパースターですから。ファンが大勢、仙台に来てくれれば」とラブコール。「台湾のスーパースター」獲得が「商売」でもあることを隠そうとしなかった。三木谷浩史会長(51)が先日のオーナー会議で「外国人枠撤廃」を提案したのも、台湾マーケット拡大を視野に入れたものだろう。

 たとえ撤廃が実現しなくとも、陽のように日本の学校に通った選手は「日本人扱い」。巨人が今年のドラフト会議で7位指名した台湾出身の2メートル超え大型右腕、リャオ・レンレイ(23)も岡山の高校を卒業しているため、日本人扱いとなる。台湾の野球人気に目をつけた巨人は、今年6月に三軍が台湾遠征を実施。今月には、巨人OBと台湾プロ野球OBのチャリティー試合を行ったばかりだ。

 そんな背景があるだけに、陽の実力はもちろん、台湾市場拡大のコンテンツという付加価値も大きく評価されているようなのだ。

 台湾市場を狙っているのは、陽獲得に熱心な球団に限らない。

 今年1月、パ6球団の合弁会社はFOXスポーツ台湾と3年間の放映権契約を結び、8月には台北で行われたFOXスポーツ台湾主催のスポーツフェスで楽天対日ハムのパブリックビューイングを開催。今季だけで260試合以上が台湾で放送された。

 日本国内のプロ野球人気が頭打ちという事情はあるにせよ、台湾市場が魅力的なのは間違いない。台湾から日本に押し寄せる観光客の数は年々増加しており、昨年は約367万人で前年より30%増。今年も10月までで、すでに358万人以上が訪日している。

 今後も日本のプロ野球界では台湾人選手が増えそうな勢い。そのうち台湾で公式戦を開催する日が来るかもしれない。

引用:FA陽岱鋼モテモテの背景 プロ野球は台湾選手だらけに?


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×