松山英樹が3年ぶりに参戦!東北福祉大“同門”対決に



<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇8日◇太平洋クラブ 御殿場コース(7,246ヤード・パー72)>

アジア勢史上初となるWGC制覇を果たした松山英樹

 今年で44回目の開催となる国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」が静岡県の太平洋クラブ 御殿場コースにて10日(木)より開幕。2011年にアマチュアとして史上3人目となるツアー優勝を果たした松山英樹が、思い出の地へ3年ぶりに参戦する。
 

 本日、予選ラウンドの組み合わせが発表された。松山はアマチュアの比嘉一貴、先週の「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」で大会連覇を果たした谷原秀人と同組。東北福祉大学の“同門”対決と相成った。同3年生の比嘉は偉大な先輩2人に対し、どんなプレーを見せるのか。ギャラリーの注目を集めることになりそうだ。

 また、「HEIWA-」で谷原とのプレーオフに競り負け、賞金ランク2位に後退した池田勇太は、昨年覇者の片山晋呉、昨季賞金王のキム・キョンテ(韓国)とラウンド。同大会で3位フィニッシュの稲森佑貴は宮本勝昌、山下和宏と予選を戦う。
 
 果たして、勝利をつかみ取るのは松山か、賞金王を争う谷原・池田か、あるいは史上4人目となるアマチュア優勝者に比嘉がその名を刻むことになるのか。秋深まる富士の山麓で、今年も熱き戦いが繰り広げられようとしている。

(撮影:上山敬太)<ゴルフ情報ALBA.Net>

引用:松山英樹が3年ぶりに参戦!東北福祉大“同門”対決に


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×