アストロズで“4人目外野手”の青木に正左翼獲得の可能性



 年齢的に限界といわれていたベテラン外野手の移籍先が早々と決まった。

 マリナーズからウエーバーにかけられていた青木宣親外野手(34)が3日(日本時間4日)、アストロズと契約。身体検査を経て週明けにも入団発表に臨む予定だ。

 今季の青木はリードオフマンとして期待されながら、開幕から絶不調。打率は2割台前半に低迷し、6月にマイナー降格。球宴後にメジャー復帰して以降は打率3割をマークして調子を上げたが、8月には李大浩(34)らと入れ替わりで2度目のマイナー落ち。レギュラーシーズン終盤に当たりが戻り、118試合で打率2割8分3厘、4本塁打、28打点で今季を終えた。

 アストロズのジェフ・ルーノーGMは、14年オフにも青木取りに動いたことを明かし、「三振が少ない(今季45個)アオキは我がチームに必要だった」とベテラン外野手獲得の理由を説明した。

■110mと狭い左中間が有利に

 青木は来年1月5日で35歳。メジャーの野手は35歳を境に急激に力が衰えるとの評価基準が定着している。来季の青木は2年ぶりのポストシーズン進出を目指すアストロズの戦力になるのか。

「青木は現状では4人目の外野手の位置付けです。来季の左翼は若手外野手で右打者のヘルナンデス(24)の起用を予定しているが、今季は41試合で打率2割3分と力不足は否めない。オープン戦、開幕当初のヘルナンデスの成績次第では青木が左翼の定位置を与えられる可能性はあります。アルトゥーベ、コレイア、スプリンガーら主力は右打ちばかりで、左打者が少ないことも青木には好材料です。本拠地ミニッツメイド・パークは中堅こそ133メートルと広いが、左中間は110メートルと狭い。守備範囲が狭い青木でもこなせるはずです」(スポーツライター・友成那智氏)

 若手主体のアストロズでも、35歳のベテランが重宝される可能性はありそうだ。

引用:アストロズで“4人目外野手”の青木に正左翼獲得の可能性


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×