阪神 糸井獲得へ背番号3用意



 阪神は、オリックス糸井嘉男外野手(35)がFA宣言した場合、空位の「3」など1桁背番号の提示を検討していることが30日、分かった。阪神球団首脳が「本人の希望を聞いてからだが、こちらでもいい番号を用意したい」と話した。

【写真】チェック柄ユニホームの糸井

 4年で最大18億円を提示しているオリックスの大型契約に対抗すべく、同等の4年契約や金本監督の交渉出馬、他球団との交渉が解禁される11月11日の即日アタックなど誠心誠意を尽くす方向。昨年の関本賢太郎氏の引退後空き番で、プロ野球界で好打者の代名詞になっている「3」がその筆頭候補だ。

 宣言期間が始まる今日31日から、球団は糸井の動向に一際神経を集中させる。球団首脳は「来てくれる、来てくれないでは編成面に大きな差がある」と不退転の覚悟。まずは宣言するかどうか、阪神が運命の1週間を迎える。

引用:阪神 糸井獲得へ背番号3用意


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×