市民後押しで名物コース誕生 水戸黄門漫遊マラソン



 秋の“常磐路”を走る第1回水戸黄門漫遊マラソン(茨城陸上競技協会、水戸市など主催、産経新聞社共催)は30日、水戸市中心部を発着点に行われ、フルマラソンは男子が2時間24分38秒で井上直紀さん(29)、女子が2時間53分11秒で鈴木莉紗さん(32)が記念すべき初代優勝者に輝いた。

 大会には全国から計1万3千人を超えるランナーが集まり、フルマラソンの完走率は90・2%だった。

 年々増え続ける市民マラソン大会に新たな「名物コース」が誕生した。

引用:市民後押しで名物コース誕生 水戸黄門漫遊マラソン


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×