「喜ぶ顔が見られて本当によかった」豪栄道が全勝優勝一夜明け会見 大相撲



 大相撲秋場所で初優勝を全勝で果たした大関豪栄道(30)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=が千秋楽から一夜明けた26日、東京都足立区の境川部屋で記者会見し、「今まで期待を裏切ってばかりだった。いろんな人たちの喜ぶ顔が見られて本当によかった」と表情を緩ませた。

 前日はパレードや部屋のパーティー、テレビ出演などを終え、午後11時半頃に付け人とラーメンを食べ、忙しい1日を締めくくったという。15日間集中力を保ってきただけに「もう元気がなかった」と笑った。

 かど番での全勝優勝は初めて。これまで最高成績は12勝だった。大関在位13場所でかど番4度と苦しんできただけに「場所前からすると信じられない。まさか全勝とは夢にも思わなかった」と本音も漏らした。

 勝ち続けた中で、中日を過ぎた当たりから「すごい乗っているのがわかった」。後半にかけて厳しい攻めの相撲が増え、横綱、大関を次々と倒した。

 大阪府出身では大錦、山錦に続き3人目の優勝。昭和5年夏場所の山錦以来、86年ぶりとなる。「大阪の相撲ファンの人が喜んでくれたから、僕もやりがいを感じる。期待に応えられた」とほっとした顔を見せた。

 今度は優勝力士として、その背中を追われることになる。初の綱取りへ挑む九州場所(11月13日初日、福岡国際センター)へ「一日一日無駄にせず、努力していきたい」と意気込んだ。(藤原翔)

引用:「喜ぶ顔が見られて本当によかった」豪栄道が全勝優勝一夜明け会見 大相撲


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×