アーセナル退団のロシツキーが母国帰還 15年半ぶりのスパルタ・プラハ復帰



 チェコ1部リーグのスパルタ・プラハは30日、チェコ代表MFトマーシュ・ロシツキーと2年契約を締結したことをクラブ公式サイトで発表した。

 昨シーズン限りで契約満了を迎えてアーセナルを退団したロシツキー。今夏の去就に注目が集まっていたが、約15年半ぶりの古巣復帰で落ち着いた。

 現在35歳のロシツキーは、スパルタ・プラハの下部組織出身で、1999年にトップデビューを果たした。2001年1月にドイツのドルトムントに移籍。在籍した5シーズン半で、ブンデスリーガ149試合に出場し20ゴールを記録した。2006年にはイングランドのアーセナルに加入し、10シーズンで公式戦248試合出場29得点をマーク。だが、ケガに悩まされることが多く、昨シーズンに至ってはFAカップ1試合の出場にとどまった。

 また、2000年2月にデビューしたチェコ代表では、通算101試合に出場し、22ゴールを記録。今夏に行われたユーロ2016では、グループステージ敗退に終わったものの、キャプテンとしてチームをけん引した。

SOCCER KING

引用:アーセナル退団のロシツキーが母国帰還 15年半ぶりのスパルタ・プラハ復帰


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×