錦織、2年連続4強! 準決勝でバブリンカと対戦 ロジャーズ杯



 ■テニス「ロジャーズ・カップ」第5日(29日、トロント)

 男子シングルス準々決勝で世界ランキング6位、第3シードの錦織圭(26)=日清食品=は世界40位のグリゴル・ディミトロフ(25)=ブルガリア=を6-3、3-6、6-2で下し、2年連続で4強入りした。30日(日本時間31日)の準決勝では世界5位で第2シードのスタン・バブリンカ(31)=スイス=と対戦する。

 オールラウンドプレーヤーのディミトロフに対し、錦織は第1セット第5ゲームをラブゲームでブレークすると、第9ゲームもブレークに成功して先取。ところが、第2セットは第1ゲームをダブルフォールトをきっかけにブレークされて奪われた。暑さと、攻め急ぎでフォアハンドのミスを連発した。

 第3セットも第1ゲームで15-40と劣勢に立たされたが、デュースに持ち込みサービスエース2本でキープすると一気にギアをあげて5ゲームを連取した。第3ゲームで、サービスエースを取られた際、チャレンジに成功して判定を覆すことができたのも大きかった。

 次戦のバブリンカは過去1勝3敗と苦手にしているだけに苦戦も予想される。

引用:錦織、2年連続4強! 準決勝でバブリンカと対戦 ロジャーズ杯


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×