地元紙が五輪4連覇を狙う吉田・伊調コンビを特集 ボルトやネイマールと同列/リオ五



 【リオデジャネイロ=佐々木正明】8月開催のリオ五輪を前に、リオの地元紙「エクストラ」が29日、オリンピック特集を組み、日本レスリング女子の吉田沙保里選手(33)と伊調馨選手(32)を「(レスリング)マットの王者」との見出しを掲げ、紹介した。

 エクストラの特集は、陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルトやサッカーブラジル代表のエース、ネイマールなど今回の五輪で活躍が期待される選手を取り上げ、その中で五輪4連覇を狙う吉田・伊調コンビの写真と記事を掲載した。

 さらに、同紙は吉田選手の「3個の金メダルに満足していない。4回目の金メダルがほしい」とのコメントや、伊調選手の「私は男性選手と練習しているが、男性選手の動きはより複雑だ」というコメントも紹介した。

 吉田選手については、リオ五輪組織委員会も公式サイトで、大会での活躍が見込まれる世界のアスリート50人に選んでいる。

引用:地元紙が五輪4連覇を狙う吉田・伊調コンビを特集 ボルトやネイマールと同列/リオ五輪


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×