大仁田が声明文「ダブルブッキングは事実無根」



 7月18日の「超花火プロレス」に参戦予定だった大仁田厚が欠場を発表した件に関して7日、大仁田自身が声明文を報道各社に送り、「ダブルブッキング」は事実無根だと伝えた。

 7日に行われた「超花火プロレス」の会見で、大仁田の欠場が発表されると、会見に参加していたTARUがその理由を「ダブルブッキングしたからだ」と暴露。しかし、このTARUのコメントに対し大仁田は反論の声明文を出し、さらに“証拠メール”も送っている。
 声明文の中で大仁田は「『ダブルブッキングだ』と事実無根の言いがかりをつけるTARU選手とZERO1の会見は、理解に苦しむとともに非常に残念だと感じる」と綴り、名誉棄損で訴えることも辞さないと続けている。

 以下、大仁田の声明文。

「私、大仁田厚は、6月7日に行われたTARU選手、ZERO1(株式会社ファーストオンステージ)の記者会見の内容に異議があり、ここに反論し、証拠メールを提示する。
 7月18日の秋田セリオンプラザ大会について、TARU選手及びZERO1が、私が『ダブルブッキングした挙げ句、ドタキャンした』と発表したが、事実は違う。
 私は7.18秋田大会へのオファーに対し、約2カ月前の5月1日に、ZERO1・オッキー沖田氏宛に、「出場できない」と伝えている。証拠のメールも残っている。このメールを送った直後、沖田氏と電話で話し、『どうしても出場してほしい』という沖田氏に対し、口頭でも「時間的に出場できないので、オファーは受けられない」と伝え、了承されている。

『ダブルブッキングだ』と事実無根の言いがかりをつけるTARU選手とZERO1の会見は、理解に苦しむとともに非常に残念だと感じる。
 TARU選手及びZERO1を名誉棄損で訴えることも辞さない。
 TARU選手及びZERO1(株式会社ファーストオンステージ)による早期の謝罪と訂正を求めるものである」

(情報提供:大仁田厚事務所)

引用:大仁田が声明文「ダブルブッキングは事実無根」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×