“廃止論”再燃か 12年目迎える「セ・パ交流戦」が立つ岐路



 今年で見納めになるかもしれない。

 2004年の球界再編問題をきっかけに、パの集客に貢献しようと05年から始まったセ・パ交流戦。当初は、ホーム3試合、ビジター3試合の全12カード、計36試合制で行われていたが、07年からはホーム、ビジターで各1試合減となり、計24試合制になった。

 さらに昨年からは18試合に減り、15年にホームで行ったカードを今年はロード、15年にロードで行ったカードを今年はホームという具合に、今年でホーム&ビジターの総当たりが完結する。

 しかし、今後も交流戦そのものが継続されるかは疑問だ。

 昨年のセは、首位DeNAと2位巨人が、それぞれ貯金10と6で交流戦に突入。3位以下のチームは勝率5割を切っていた。それが、パの6年連続10回目の勝ち越し(61勝44敗3分け)で終わると、セの5割以上は巨人(貯金2)だけになった。その巨人もリーグ戦が再開されるとすぐに貯金はパー。セの6球団すべてが5割を切り、首位ヤクルトから5位広島までが0.5差というダンゴ状態を生んだ。

「史上初の珍現象はセにとって屈辱であり、大きなショックでした。リーグ戦でDHがないセの攻撃は、確実性重視。交流戦は打力があって、総じてセより投手力のいいパが有利なのです。それにしても、昨年は交流戦開始の05年より試合数が半減しながら、閉幕後すぐにセの全球団が5割を切ったのには参りました。『これでは2リーグ制の意味がなくなる』という怒りの声も出てきましたから」(球界関係者)

■どの球団が口火を切るのか

 パはどの球団も地元密着で観客動員力もアップした。昨年は過去最多の約1073万人を動員(前年比5.5%増)し、交流戦に頼らなくても集客に困らないことが改めて証明された。

「今年12年目を迎えた交流戦はイベント価値自体も低下した。昨年、試合数が24から18に減ったのは、セの5球団が巨人戦を1試合増やしたいこともあったでしょうが、客の入る金曜日に試合ができなかったり、日程の間延びを嫌ったからこそでした。今年も昨年と同じような現象が起これば、交流戦廃止論が再燃することは十分に考えられますね」(前出の関係者)

 今季もここまで50試合前後を消化して、セの勝率5割以上は首位広島(貯金6)と2位中日(同1)だけ。広島は、いきなりロッテ、ソフトバンク、日本ハムというパの上位3球団との戦いが待っている。中日も初戦は敵地でのソフトバンク戦だ。貧打で5位に沈んだ巨人は、もっか借金1。パとの18試合で雪だるま式に借金が増えれば、巨人が「交流戦廃止論」の口火を切るかもしれない。

引用:“廃止論”再燃か 12年目迎える「セ・パ交流戦」が立つ岐路


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×