バイエルン、ロベリーの契約延長を排除せず 「だが少し忍耐が必要」



バイエルン・ミュンヘンのカール=ハインツ・ルンメニゲCEOが、FWアリエン・ロッベンやMFフランク・リベリの契約延長に言及した。「排除はしない」としつつ、両選手は待つ必要があるとしている。

両翼を担ってきた“ロベリー”の契約は、それぞれ2017年までとなっている。ルンメニゲCEOはドイツ『キッカー』で、両選手の契約延長について次のように述べた。

「2人との契約延長は排除しない。だが、2人とも少し我慢が必要だ」

「シャビ・アロンソとの契約延長も2015年のクリスマス直前だった。30歳を過ぎた選手なら、少し待つのは普通のことだ。同時に、我々は彼らがピッチ内外でどれほど重要な存在かも分かっている」

GOAL

引用:バイエルン、ロベリーの契約延長を排除せず 「だが少し忍耐が必要」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×