東京五輪中はファン拡大好機 プロ野球「地方開催」のススメ



 悩ましい問題ではある。

 9日、日本野球機構(NPB)の実行委員会が都内で行われた。主な議題は東京五輪が開催される2020年の球場使用について。この問題が噴出したのは今年4月。東京五輪・パラリンピック組織委員会から、「ボランティアの待機所と資材置き場として使用したい」と20年5月から11月にかけて半年以上もの神宮球場の借用要請があった。

 さらに20年東京五輪で野球・ソフトボールが追加種目として採用された場合、横浜スタジアムやQVCマリンフィールドなど、首都圏内の球場が会場候補になる。日程のやりくりは困難を極めるだろうし、今後は五輪期間中のシーズン中断も検討するという。

 しかし、中断するくらいならいっそ、普段野球の試合が少ない地方球場での興行をメーンにしてはどうかという声もある。選手も時間を持て余すよりは試合に出て成績を残したいだろう。ファンサービスは当然、長期的に見た場合の野球の競技人口の拡大にもつながる。

 一考の余地はあると思うのだが。

引用:東京五輪中はファン拡大好機 プロ野球「地方開催」のススメ


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×