「技術だけで押し切ろうする」 大久保嘉人が若手FWに苦言



 16年Jリーグ開幕戦を広島で迎えた川崎フロンターレのFW大久保嘉人(33)は、シュート4本の無得点に終わった。それでも、地元に湘南を迎えた第2節で今季初ゴールを決め、ここまで10試合6ゴール。序盤としては順調な滑り出しといえる。もっとも大久保は今、どんなにゴールを量産しようが、満ち足りない気分を拭い去れないだろう。「日本代表に復帰したい!」という野心を強く抱いているからだ。

――昨年末に日本代表FWの岡崎慎司選手(30)について聞いた際に「オカは足も遅いし、背も小さい。でも試合中に『どうやったら点が取れるのか』をいつも考えている。若いFWは準備ができていない気がするし、テクニックだけで押し切ろうとする。それではダメなんだ」と教えてくれました。

「(英プレミアリーグ)レスターの試合は見てますよ。何といっても英プレミアリーグで優勝争いをリードし、優勝を成し遂げたチームの主力のひとりとして後世に名前を残せるわけだし、凄いとしか言いようがないね」

――大久保選手もスペインやドイツでプレーし、ドイツではブンデスリーガ優勝も経験しています。それだけにレスターの偉業については、感慨深い部分もあると思います。

「英プレミア制覇というのは、ドイツとは違った価値があるような気がするよね。リーグ戦の途中で正直、レスターは順位を落とすと思っていた。そもそもイングランド国内に限らず、世界中がレスターが優勝するとは、思ってなかったはずだからね。勢いをシーズンを通して失わなかったことは本当に凄い。川崎もコケたりせずに優勝まで突っ走りたいですね」

――今季も第10節終了時で6ゴール。得点ランク3位タイです。神戸時代(07~12年)などは守備に奔走することが多く、09~12年は4シーズン連続で1ケタ得点でした。プレースタイル自体、今とは違っています。

「本当だよね(笑い)。あの頃は(相手ゴール)前にもほとんど行かなかったし、『点が取れたらいいな』という程度の気持ちだった。もちろん、今は違う。常に『点を取るのが仕事。取れなかったらヤバイ』と気持ちでプレーしている。やはり貪欲にゴールを狙う意識が、絶対に必要となってくる。神戸の頃みたいに『取れたらいいな』なんて思っている限り、結果はついてこないよね」

――日本代表は6月にキリンカップを戦います(3日にブルガリア戦=愛知・豊田。7日にボスニア・ヘルツェゴビナとデンマークの勝者と対戦=大阪・吹田)。9月からはW杯の最終予選も始まります。

「もちろんいつ日本代表に呼ばれてもいいように準備はしていますよ」

――恩師である元国見高サッカー部・小嶺監督は大久保選手のことを「嘉人は今が旬。年齢は関係ない」とおっしゃっていました。

「そうやね。年齢は関係ないと思います。J1通算200得点を達成する見通し(現時点で162点)ですか? もちろん目標に置いてはいますけど、あくまで200得点も通過点と考え、もっともっと上を目指して頑張ってやっていきたいね」

(聞き手=元川悦子・サッカージャーナリスト)

引用:「技術だけで押し切ろうする」 大久保嘉人が若手FWに苦言


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×