チェルシーGKクルトワ、今夏の移籍を完全否定「100パーセント残る」



 チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが今夏の移籍を否定した。3日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 今シーズンは負傷の影響もありプレミアリーグでの出場が21試合にとどまっているクルトワ。チームがタイトル争いから脱落し、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したこともあり、移籍を希望しているとも伝えられている。また先日は、来シーズンから指揮官に就任するアントニオ・コンテ氏が同選手の退団を許可したとも報じられ、レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンへの移籍が取り沙汰されていた。

 たが、同メディアによると、フランス紙『ル・パリジャン』のインタビューに応じたクルトワは、「僕はパリ・サンジェルマンとコンタクトを取ったことはない。非常に良いクラブだけど、僕はイングランドでプレーしたいし、チェルシーで幸せなんだ」とクラブへの忠誠を誓ったという。

 そして、チェルシー残留の可能性を問われると、「契約を3年間残しているし、100パーセントと言えるよ」と来シーズンもチームに留まることを明言した。

SOCCER KING

引用:チェルシーGKクルトワ、今夏の移籍を完全否定「100パーセント残る」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×