「代表に呼んでほしい!」 J最多ゴール大久保嘉人が直言



 Jリーグ史上初の「3年連続J1得点王(13~15年)」。J1川崎フロンターレに所属する元日本代表FW大久保嘉人(33)である。

 この記録だけでも十分スゴイのに、現在、大久保は「J1通算最多得点記録」を順調に更新中なのだ。4月16日の明治安田生命J1前期第7節・敵地でのFC東京戦。0-1で迎えた前半11分、元日本代表MFの中村憲剛(35)が、自陣から最前線の大久保に約35メートルの縦パスを送った。大久保は相手DF2人に挟まれながらも、倒れ込むようにして右足で強烈ボレーシュート! この日の2ゴールに加えて同29日の第9節・敵地でのG大阪戦では、前半30分に右からのクロスに反応。決勝弾となるゴールを叩き込んで、J1通算得点を162に伸ばし、この時点で通算得点2位の広島FW佐藤寿人(34)に4差を付けた。

 今シーズンも得点王ランク上位に顔を出し、空前にして絶後の4年連続J1得点王も決して夢ではない。しかし、14年ブラジルW杯の後、アギーレ前代表監督、ハリルホジッチ現代表監督からは、お呼びが掛からないままだ。Jリーグ最強のゴールゲッターは今、どんな思いを胸に抱きながらゴールを目指しているのか? 日本代表復帰を渇望しているのか? 日本人FWに対する思いは? その胸中にズバリ迫った――。

――FC東京戦で決めた2得点は、いずれも同点に追い付く貴重なゴールでした。2度のリードを許しながら、最終的に4─2で勝利しました。1点目はMF中村憲剛選手のアシストでした。彼の長い縦パスは想定通りでしたか?

「そうですね。(ここぞという局面では)いつも目が合いますから。(FC東京は)中盤に(川崎の)選手がフリーでいてもDFラインを上げてくるので(DFラインの裏を)突くことを考えながらプレーしました」 

――81分に日本代表FW小林悠選手(28)が勝ち越し点となるチーム3点目を決めましたが、その前に2度ほど決定機を外しました。

「試合中に『大丈夫?』と声を掛け、試合が終わってからは『なぜ外したの?』と冗談交じりに言っておきました。外した時、チームメートが唖然としていたし、悠も(決めるべき時に)ちゃんと決めないとヤバイから」

――2度リードされたものの追い付き、そして逆転勝ち。チームの成長を実感したのでは?

「今シーズンは『負け試合を勝ち試合にする』が増えている。負けてなるものか! という気持ちが、リードされても強くなり、表に出てくるようになったのでは。これからも勝負の試合が続くので粘り強く、とにかく粘り強く、今の調子を続けていって、このチームでタイトルを取りたいという思いは強くあります」

――後半途中で相手と交錯した際、左足を痛めてタンカでピッチの外に運ばれました。

「(左)膝の裏がね、ちょっと変なつき方をしてしまい、これはヤバイかなって。でも(これまで試合中に痛めても)大体いつもケロッとしていますからね。大丈夫!」

――顔とかも打ったように思いましたが。

「痛いところはありますが、ちょうどいいんじゃないですか。オレ、ブサイクやから(笑い)」

――FC東京戦を日本代表のハリルホジッチ監督が視察。良いタイミングでした。

「これまでも(ゴールを決めた試合は)いっぱいありましたからね(苦笑い)。とにかくゴールを取り続けるだけです」

――今シーズン前に話を聞いた時に「代表に対するモチベーションはすごくある」と話していましたよね。

「呼んで欲しい! って言っても、オレの場合はアレやから(笑い)」

――年齢的なことですか? ちょうど36歳で18年ロシアW杯を迎えますが、まだまだ世代交代を理由に招集されなくなる年齢ではないように思いますが。

「年齢はまったく気にならないし、何歳になっても(プレーの)質が高ければ問題はない。そもそも代表に世代交代はないと思ってる。『今』良い選手がプレーする。それが代表チームだと思うんだ。ただし、若手じゃない分、オレたち(ベテラン)は、結果を出し続けないと呼ばれない。だからゴールを決めるしかない。やるしかないね」

――日本代表の3月のW杯2次予選(アフガニスタン、シリア戦)は見ましたか?

「録画はしたよ。でも見てない。見るよりも前に(スポーツニュースなどで)結果を知ってしまったし。でも、相手がアフガニスタンにシリアだったから……。ま、勝負は最終予選でしょう」

――その最終予選の相手がオーストラリア、サウジアラビア、UAE、イラク、タイに決まりました。

「これは日本だけの話じゃないけど、最終予選はもうスンナリとはいかないからね。それは(第1シードだった)イランも(日本と同じ第2シードだった)韓国も同じだから。(チームメートの韓国代表GKチョン・)ソンリョンと『(韓国のA組と日本のB組の)どっちが厳しいグループなんだろ? どっちもどっちだろうな。日本も韓国もスンナリとはいけない』と話し合いました(注=A組はイラン、韓国、ウズベキスタン、中国、カタール、シリア)」

――熊本を中心に九州で地震が頻発し、大きな被害が出ています。

「熊本には友人も多くいます。(出身地の)北九州も、小学校の同級生と連絡を取り合ったら、相当に揺れたって言っていました。長崎の友人(注=長崎県の国見中・高に進んだ)は『津波が怖くて高台に避難した』と言っていました。とにかく今は自分たちのサッカーを見てもらうしかない。もちろんプレーしながら『何か手助けができたら』と思っています」(6日発売号につづく)

引用:「代表に呼んでほしい!」 J最多ゴール大久保嘉人が直言


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×