スターダム1期生・美闘陽子が復帰を明言「もう一度プロレスラーに」



 女子プロレス団体スターダムの「シンデレラ・トーナメント2016」が29日、東京・後楽園ホールで開催。全試合終了後、スターダム1期生の美闘陽子が登場し、プロレス復帰を明言した。

 この日の1デイ・トーナメントは岩谷麻優が2連覇を達成。優勝者セレモニーでプレゼンターを務めた愛川ゆず季さんが、リング上でマイクを持つと「一言、しゃべらせて下さい。(優勝した岩谷に向かい)2年連続、優勝おめでとうございます」とトーナメント覇者を賞賛。その後「今日はみなさんに紹介したい人がいるんです。私にとっても縁がある人です」と話すと、花道の入り口へ注目を向ける。

 するとスーツ姿の美闘陽子が登場。会場からどよめきの声が起こると、リングに上がり「お久しぶりです。美闘陽子です。4年前に何も言えずにリングから去りました。ですが、美闘陽子、もう一度、プロレスラーに戻りたいです。本当に突然なんですけど、スターダムでプロレスをやらして下さい」と復帰を宣言。

 リングにいた岩谷はとまどいながらもマイクを握ると「美闘さんがいなくなって4年ですか? 長かったです。その間にいろいろありました。でも美闘さんがいない間も、自分はスターダムを引っ張ってきたつもりです。とりあえず、お帰りなさい」と、まずは復帰を歓迎。さらに紫雷イオも続けてマイクを握り「美闘さん、お久しぶりです。だいぶ雰囲気が変わったけど、華がある感じは変わらないですね。リスクがある中でリングに上がりたいというのは、喜ばしいことです。けどね、美闘さん、美闘さんがいた頃と、リングの景色は変わりました。生き残るのは厳しいよ。その覚悟、信じています」と、厳しいながらも復帰へのエールを送った。

引用:スターダム1期生・美闘陽子が復帰を明言「もう一度プロレスラーに」


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×