ママ荒木がバレー代表復帰



 リオ五輪世界最終予選兼アジア予選(5月14日開幕、東京体育館)で4大会連続の五輪出場を狙うバレーボール女子代表候補合宿が29日、鹿児島・薩摩川内市内で公開され、主将の木村沙織(29)=東レ=が強力な“助っ人”を得た。

 大黒柱に寄り添うのは、ロンドン五輪代表で銅メダルに貢献した前主将の荒木絵里香(31)=上尾=。木村は「絵里香さんが戻ってくれてうれしい。全力で頼ります」と笑顔をのぞかせた。元ラグビー日本代表・四宮洋平(37)を夫に持つ荒木は2014年1月に長女・和香ちゃん(2)を出産。今回、ロンドン以来となる代表復帰を果たした。

 今季のプレミアリーグでブロック賞を獲得した守備の要は「沙織は(戦術的に)チームの中心でもあり、私の比ではない。彼女の重荷が少しでも楽になれば」と相談役を買って出た。真鍋政義監督(52)も「荒木は実績もあるし、木村を支えてくれるだろう」と期待を込めた。重責のあまり精彩を欠いてきた木村だが、「荒木さんと2人でチームを引っ張り上げたい」と大一番へ腹を固めた。

引用:ママ荒木がバレー代表復帰


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×