崖っぷちの巨人・村田修一 周囲の“岡本推し”に孤独な戦い

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 キャンプで影が薄かったベテランがいる。FA入団5年目を迎える巨人の村田修一(35)だ。

 ドラフト1位入団で2年目の売り出し中・岡本和真(19)との正三塁手争いに注目が集まる中、沖縄キャンプでの対外試合5試合で8打数無安打。先輩の威厳を見せつけるどころか、全くぱっとしないのである。

 昨季は打率.236、12本塁打に終わった。衰えが指摘されるベテランは、オフに年下の27歳・坂本、31歳・長野が行うグアム自主トレに志願の“弟子入り”。「最後にひと花咲かせる」「和真にはまだ負けん」となりふり構わない姿勢でキャンプに入った。FA入団のベテランが例年以上にハイペースで仕上げ、宮崎1次キャンプで臨時コーチを務めた松井や長嶋終身名誉監督から「軸足の右足に体重を乗せてスイングすること」とアドバイスされた紅白戦2試合で2安打ずつ。しかし、沖縄2次キャンプに入ってトーンダウン。「もう疲れちゃったんじゃないか」なんて揶揄する関係者もいるほどだ。

■「併殺打&失策」が速報ニュースに

 とはいえ、気持ちは分からなくもない。

 内田打撃コーチは「三塁の守備力はまだまだだけど、打つだけなら村田を脅かすものを感じる」と、昨秋からマンツーマンで岡本に打撃指導を行っている。「生え抜きの大砲育成」は球団方針。ベテランへの風当たりは強くなる一方で、マスコミも黙っていない。宮崎キャンプ中、球団関係者も同情した出来事があった。

「初実戦となった紅白戦の1打席目に村田が併殺打に倒れ、三塁で失策も犯した。するとあるスポーツ紙のサイトが『村田併殺打&失策スタート』と超速報でアップ。本塁打を打ったならまだしも、紅白戦のダブルプレーとエラーをわざわざ速報で報じる必要性があるのかと。『待ってました』と言わんばかりの早さに『悪意を感じる』と球団内でも話題になった。『村田はもうダメ。岡本を使え』という社の“意図”が丸見え。村田はマスコミも“敵”に回しながら孤独な戦いを強いられているのです」(球団関係者)

 ベテランの村田もそんな“攻撃”に心が折れかけているのか、「覇気がないんだよな」と首脳陣に心配されている始末なのだ。

 原前監督とはいろいろあった。試合途中に強制帰宅させられたり、打順を9番に降格させられたり……。かつて2度の本塁打王を獲得した男は、前監督とは違う巨人の新たな怖さを感じながら、19歳との背水のポジション争いに臨んでいる。

引用:崖っぷちの巨人・村田修一 周囲の“岡本推し”に孤独な戦い


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×