ジャヌザイ、U-21の試合で負傷 7-0大敗も先発デパイは無得点

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

マンチェスター・ユナイテッドのU-21チームから、良いニュースと悪いニュースが届いた。

バッドニュースは負傷者だ。8日にU-21ノリッジと対戦したU-21ユナイテッドは、MFアンドアン・ジャヌザイとDFギジェルモ・バレラが負傷した。ジャヌザイについては、ハムストリングを痛めた模様と伝えられている。負傷の程度はまだ不明だが、しばらく離脱することになりそうだ。

グッドニュースは若手の活躍である。7−0で大勝したU-21ノリッジとの試合で主役になったのは、先発したFWメンフィス・デパイではなく、FWウィル・キーン。23歳のアタッカーは、1人で5得点を決める大爆発だった。中でもドリブルで2人をかわしペナルティーエリアに侵入して決めたループシュートは圧巻だった。

キーンは普段自分で蹴っているPKを味方に託しながらも1試合5ゴールをマーク。今シーズン前半戦を2部チャンピオンシップのプレストンで過ごした彼は、トップチームから声がかかるのを待っている。

GOAL

引用:ジャヌザイ、U-21の試合で負傷 7-0大敗も先発デパイは無得点


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×