9位タイ浮上の岩田寛、トップ10維持で次週出場権獲得なるか

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 3日目◇30日◇トリーパインズGC>

 日本勢で唯一予選通過を果たした岩田寛が5バーディ・1ボギーの“68”で回り、トータル6アンダーの9位タイに浮上。首位とは3打差を追いかけて最終日を戦うこととなった。

岩田寛みたいに飛ばしたい!?秘訣は…

 この日INから出た岩田は序盤こそスコアを伸ばせずに足踏みを続けたが、「パターがあまり入らなかったけど、タッチは合っていたのでそんなにイライラする事もなかった」とチャンスをうかがうと、18番パー5では2オンに成功してこの日初のバーディを奪取。

 直後の1番はボギーとしたものの、2番ですぐさま取り返すと、4番では花道からチップインバーディを奪って勢いに乗った。「風とピン位置が今日は伸ばしやすいと感じましたね。もうちょっと伸ばしたかったですけど…」と語ったものの6番、8番でもバーディを奪ってトップ10に食い込んで18ホールを終えた。

 首位と3打差という逆転を視野にいれる位置ももちろんだが、このトップ10という数字にも岩田にとっては大きな意味を持つ。現状岩田は次週の「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」の出場権を持たないが、トップ10に入ることができればPGAツアーの規定により出場権を得ることとなる。

 岩田自身、次週については「(意識して)ないですね」としたが、「ノーザン・トラスト・オープン」後には出場権のシャッフルも行われるだけに、仮に次週出場できれば今の岩田にとっては貴重な戦いとなるはずだ。

 正念場となる最終日に向けては「ショットに不安があるので。ティショットが飛ばないんですよ。明日になってみないとわからないですよね」と威勢のいい言葉は聞かれない。それでも、「ミスの範囲は狭くなってきたので」とわずかに復調の兆しも覗かせる。すでに証明されている爆発力を披露することができるか。

【3日目の順位】
1位:スコット・ブラウン(-9)
2位T:ジミー・ウォーカー(-8)
2位T:K・J・チョイ(-8)
4位T:マイケル・キム(-7)
4位T:ヨナス・ブリクスト(-7)
4位T:ジョン・ハー(-7)
4位T:フレディ・ヤコブソン(-7)
4位T:ゲーリー・ウッドランド(-7)
9位T:岩田寛(-6)他

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

引用:9位タイ浮上の岩田寛、トップ10維持で次週出場権獲得なるか


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×