マリナーズと再契約の岩隈 ドジャースの身体検査が不合格 再交渉の体のいい理由にさ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 ドジャースと3年契約、総額4500万ドル(約54億5500万円)で合意したと伝えられた岩隈久志投手(34)が一転、破談となり、そのわずか13時間後に今季まで在籍していたマリナーズと1年、1200万ドル(約14億5千万円)で再契約した。ドジャースと仲違いとなった理由に挙げられたのが、「フィジカルチェックの結果、健康上の理由があった」(MLBの公式HP)というもの。野球選手にとって体の頑丈さは正式契約の第一条件だけに当然ともいえる。だが、何か腑に落ちない部分が残った。

 ドジャースは岩隈との契約が成立しなかったことについて、球団の公式発表では、「フィジカル検査を受けた結果だ。それ以上はプライバシーに関わり、公表できない」と、岩隈の身体のどこが“不合格”になったか、詳しくを語られていない。

 岩隈は故障で1シーズンの大半、あるいはすべてを棒に振ったことはなく、頑丈のように思えるが、そこは激務の先発投手とあって、今季は右広背筋痛で2カ月離脱、昨季も右手中指痛で1カ月出遅れている。どこかに契約を破談にせざるを得ないトラブルがあったとしても不思議ではない。

 ただマリナーズはFAとなる岩隈を引き留めるために、11月7日に1年契約、年俸1580万ドルでクオリファイング・オフルァーを提示する際、チームドクターによる身体検査を行い、来季契約に支障はないとの“お墨付き”を得ていた。ディポトGMは「今季修了後、身体検査を受け、何の支障もないということだった」と語った。岩隈自身、「いたって健康です」と強調している。

 ドジャースの言う「身体的問題」とは、実際にはあったのだろうか。

 マリナーズの地元紙「シアトル・タイムズ」は「ドジャースは岩隈の体に見つかった何かを嫌がり、再交渉に当たろうとした」と、身体検査が契約を結び直す材料の1つにしたことをうかがわせる。

 一方、岩隈との契約を破談にしたドジャースの地元紙「LAタイムズ」は随分身勝手な解説をしている。「ショック、大ショック。MRIで岩隈の右腕におかしなところが見つかった」と理由を挙げて、「マリナーズはこの2、3年、落ち着かないシーズンを送るだろう。そしてイワクマの衰えていく」と強がって見せた。

 ドジャースは今やナンバーワンの金満球団で、年俸などの総額は3億ドル(約357億円)に迫る勢い。そのため、いわゆるぜいたく税を4360万ドル(約52億3千万円)を支払う。その割には成績が振るわず、今季もプレーオフに進出したものの、地区シリーズで敗退してしまった。

 経費はグレンキーの移籍である程度は削減できたといっても、日本から前田のポスティング獲得には大金がかかる。削れるところは削っておきたい。岩隈に対する早すぎた破格の契約は、その後の状況の変化で不都合なものになった。身体検査は好都合な理由にされたようだ。

引用:マリナーズと再契約の岩隈 ドジャースの身体検査が不合格 再交渉の体のいい理由にされた!?


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×