MAX163キロも制球力は? 楽天助っ人リズ掛け値なしの評価

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 楽天は27日、ロッテからFA宣言していた今江との契約合意を発表。梨田監督はかねて「ポジション(三塁)を空けて待つ」と話しており、下にも置かぬ好待遇で迎えられることになる。

 そこへいくと、26日に入団が発表された新助っ人のラダメス・リズ(32=右投げ右打ち)はどうか。前所属のパイレーツでは今季14試合でリリーフ登板し、1勝4敗、防御率4.24。MAX163キロの剛腕という触れ込みだが、23回3分の1を投げて15与四死球だ。安部井チーム統括本部長は「先発も抑えも出来る」と話しているが、球が速いだけのノーコン投手ではないのか。

 メジャー事情に詳しいスポーツライターの友成那智氏はこう話す。

「セットアッパーなら活躍できると思います。中継ぎの層が厚いパイレーツで、救援陣7人枠の7、8番手だった投手です。来季33歳という年齢がネックで放出されたが、力が衰えたわけではありません。3Aでは64回3分の1で4勝5敗、防御率1.40。与四球も24と多くはなかった。先発だと平均153キロ程度の直球も、リリーフに限れば平均158キロは出ます。これといった変化球がない力押しの投手なので抑えは難しいかもしれませんが……」

 楽天の今季チーム防御率3.82はパのワースト。リーグ4位の33セーブを挙げた松井裕も、来季は先発復帰する予定だ。投手陣の整備が必要不可欠な現状だけに、セットアッパーだけでも固定できれば朗報だろう。

 今江に負けず劣らず、いや、場合によってはそれ以上の補強になるかもしれない。

引用:MAX163キロも制球力は? 楽天助っ人リズ掛け値なしの評価


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×