[選手権予選]松本一が初の決勝進出、職人活躍のPK戦で創造学園下す:長野

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

[10.31 全国高校選手権長野県予選準決勝 創造学園高 0-0(PK2-4)松本一高 アルウィン]

 第94回全国高校サッカー選手権大会の長野県予選は31日にアルウィン(松本平広域公園総合球技場)で準決勝を行い、第1試合は松本一高がPK戦の末に創造学園高を下し、初の決勝進出を決めた。

 創造学園は夏の高校総体で県予選を優勝し、全国大会でも2回戦へ進んだが、冬は県予選ベスト4で涙を飲むことになった。勝った松本一は、普通科内に設置していたスポーツサイエンスコースの1つとして、3年前に男子サッカーを採用。その際に招へいされて陣頭指揮を執っている吉田慶士コーチは「今日は、相手の方が技術では長けているので、持ち前の守備からカウンターやセットプレーで狙えればと思って臨んだ。相手の両サイドを上手く抑えられたのが良かった。今年のチームを立ち上げたときに優勝を目標にやろうと話して来た。一戦一戦、苦しい戦いを勝ち抜くしかない。今の3年生は、私と一緒に入って来た世代。3年間磨いて一勝負したいと思っていて、彼らが入学して来たときに、3年後にはみんなで全国に行くぞと言ってやって来た。目標にあと一歩まで近付けた」と初の決勝進出を果たした手ごたえを語った。

 松本一にとっては、終始相手のペースの試合をよく勝ったと言える展開だった。試合の立ち上がりは、いきなりヒヤリとさせられた。創造学園は相手CKの流れからカウンター攻撃を仕掛け、FW山下翔大が競ったこぼれ球を左DF立野佑貴が拾ってマイナスのクロスを入れると、FW武田圭二がシュート。ゴールネットが揺れ、先制点かと思われたが、GKの動きを阻止した攻撃側の選手がいたことでファウルの判定となり、松本一は救われた。24分にも創造学園は左CKから右DF徳武廉がクロスバー直撃のヘディングシュートを放った。松本一は相手の両サイドをケアしながら我慢強く戦い、34分にはFKで前線に送ったフィードをDF宮澤拓実が競り勝ち、ゴール前でパスを受けた藤田雄登がシュートを放ったが、ポストに嫌われた。松本一は、1トップの坂本優城が精力的に相手の背後へのランニングやドリブルを仕掛けたが、創造学園はロングフィードで攻撃の起点にもなるなど目立った能力の高さを示していたDF宮澤水晶が予測の早いカバーリングで先回りし、ピンチを未然に防いだ。

 後半に入ると、創造学園は前谷朋宏、松本一は小松怜也と、ともに2年生のドリブラーを投入して攻撃を活性化。しかし、どちらもゴール前をこじ開けられず、スコアレスのまま延長戦に突入した。創造学園は大きなサイドチェンジを使って揺さぶりながら、前谷や山下が個人技で勝負を仕掛け、相手の守備網に穴を開けにかかったが、こじ開け切れなかった。松本一は延長後半3分に小松が左からクロスを送り、前線で走り回っていた坂本がダイビングヘッドで飛び込んだが、わずかに合わなかった。

 そして、延長戦が終わろうとしたときに松本一はGKを交代。大会前に腰を痛めたため先発から控えに回った清水昌行を投入。先攻の松本一はGK清水が相手の2本目をセーブ。創造学園は3本目の小澤祐太のキックがゴール左に外れて連続の失敗。GK長谷川諒が松本一の4本目を止めて意地を見せたが、松本一は5人目のMF三村英俊がしっかりと決めて4-2で勝利。「ベンチでもチームのために戦えるように準備していた。1本目で右に来て、2本目も助走を見て右だと思った。右は得意なので、ここで左なら仕方がないと思って飛んだ。ここが大仕事だと思ったので、勝った瞬間は止められた安心感と、また先輩たちと練習できる喜びを感じた」と話した清水がPK職人として役割を果たしたことは、大きな勝因となった。決勝戦は11月7日に同会場で行われ、松本一は、連覇を目指す都市大塩尻と対戦する。

(取材・文 平野貴也)

引用:[選手権予選]松本一が初の決勝進出、職人活躍のPK戦で創造学園下す:長野


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

PR

このページの先頭へ

×